留学計画、無期限凍結中。


MBA 留学計画に時間と金を費やした 2004-2005年も、今となっては昔のこと。今は留学計画は凍結中ですが、いつか、きっと・・・。
by ysuzuki42
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

JALのICチェックイン。

たぶん昨年に17日間の世界一周学校訪問旅行の際でしょうか、クレジットカードがスキミングされたようで、 「カードは番号変更で再発行とさせていただき・・・」 との連絡をDC CARDから貰いましたのが5月。面倒だな、と思いながらも逆らえないので 「じゃっ、JAL ICついたやつにしてもらえません?」 とリクエストし、ICチェックインが可能なJAL CARDをゲット。
使ってみると案外と優れもんなのです、これが。空港に着くとカウンターでもチェックインマシンでもなく、そのままセキュリティゲートに直行。JRのSuicaで改札を抜けるがごとく 『Piっ!』 ってやるとレシートが出てきて、あとは荷物検査。搭乗ゲートでもほんとJRの改札を通るみたいに 『Piっ!』・・・・・・まだ利用者も少ないので目立つかも。チケット通して半券もらうという行為がないだけですが、世の中進化しました。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-05-29 16:23 | miscellaneous

毎週金曜は高松の日。

諸般の事情により毎週金曜日は、高松出張と相成りまして3週間が過ぎました。いろいろと問題が露呈しているJALではありますが、マイルの一本化などの割り切りで

JL1403 羽田08:40→高松09:50
JL1410 高松18:25→羽田19:40

※本当に毎週乗ってます、もちろんClass Jで

を定期便として搭乗しています。そこで・・・午前中に打合せがないこともあるので、「栗林公園」の年間パスポート(¥2,500)を購入。ゆったりと散策を日課とすることにいたしました。園内は石畳・砂利道なので皮底の革靴は避けたほうがベター、園内で食事をとるべからず(たいしたものが無く、かつむちゃ高い)、が、無料休憩所は人がほとんどおらずPCの電源充電もし放題(本当は違法なんだろうけどね)、などいろいろと使い勝手もみえてきましたが純粋に庭園だけでも善い処ですよ。しばらく高松通いは続きそうなので、栗林公園の四季の遷り変りでも愉しみたいと考えております。「一回行けば十分」というお声も理解できるのですが、単純に良い環境でのお散歩は貴重です、都会暮らしにとっては。

背後に山が控えてるので、こんな感じ。
b0050672_1614219.jpg

5月なのに夏模様。蝉も鳴いてました。
b0050672_16151838.jpg

[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-05-29 16:15 | miscellaneous

静岡といえば。

静岡といえばお茶やミカンも有名ですが、やはり桜えび生しらす(こちらは江ノ島なども有名ですが)。GWは10連休で静岡の自宅でゆったりとし、7日に品川に戻ってきたところ祖母死去にて葬儀のため静岡にトンボ帰り。そんな折、釜揚げはよく手に入りますが「・桜えび」が入手できたので「生桜えび・生しらす丼」と相成りました。

これに浅葱と醤油をかけていただきます。
b0050672_14364933.jpg

パックのままで色気はないですが、これが現物・・・。
b0050672_1437124.jpg

[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-05-15 14:37 | miscellaneous

富士スピードウェイ。

昨日5月4日は仕事で富士スピードウェイにておこなわれている「Super GT Round 2」へ。メインスタンドの向こうにちょこっと映っているのは富士山。清水から沼津にかけての海岸線からの眺望、沼津から御殿場にかけての山間からの眺望、ともに素晴らしく晴れ渡っていました。よってサーキットでの時間は某チームのホスピタリティ・テントでお茶しながらTVモニター観戦とあいなりました(炎天下は疲れますから・・・)。
b0050672_1221932.jpg

結構な盛況ぶりで「へぇ、まだモータースポーツも人気はあるんだ。CXのキムタクの『エンジン』効果?」などと考えつつ、通行人を“Sampling”してみましたが、男8:女2、年代的には30代中盤から後半が中心。ただしキャンギャルの写真撮影に群がるカメラ小僧(もとい、カメラおっさん)も来客のある一定層を占めているようです。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-05-05 12:25 | miscellaneous

GWは、一橋ICS追加募中出願への準備。

出願受付は6月頭ですが、5月中は仕事が迷走しそうな予感なため、このGW中に仕上げる予定で静岡の自宅に籠もってます。ただし、時節柄・産地柄、昨日は母の実家のお茶摘み(新茶)のヘルプ。筋肉痛でカラダが痛みます・・・。

そういえば昨今の 「ペットボトル茶」 の馬鹿売れによって、茶葉の需要は格段に増して、秋の四番茶まで刈るようですが、GW前後のこの新茶の時期においても生産量優先で “手摘み” はほとんどおこなわないとのこと。う~ん、モッタイナイ・・・・・。
b0050672_9394543.jpg
茶畑 (静岡>島田>湯日)
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-05-02 09:39 | 出願

三十路の手習い。

夜中に発作的に「なにか文化的なことをぉ」と思い立ち、ヴァイオリンを習うことに・・・・・。そこで超入門器を¥26,000で先週購入。いつまで続くかは「?」ですが、部屋のオブジェに成り果てないことを祈るばかり・・・。まぁ、静岡の自宅の玄関か床の間か書院にでも飾ればいいかな。ただし、個人レッスンなので「サボれない」「ちゃんと自分に合わせてみてもらえる」から大丈夫だと思ふ。
b0050672_14384475.jpg

[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-04-23 14:38 | miscellaneous

花粉症。

今年、花粉症にデビューされた方は多いようですが、私は何年か前に発症しながらも小康状態をキープしていました・・・が、先週末の土曜日におもいっきり扁桃腺を腫らし(注: 私の花粉症は咽喉にくるんです)、そのまま翌日曜日は会社のゴルフコンペで千葉の山中へ。というこで、今週は体調最悪でのスタートです。明日あげるべき企画書もまだスガタカタチ無し・・・。自業自得ってやつですね。

というわけで、自宅ベッドで仕事中。MBAへの着手はGWからかな・・・。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-04-11 21:45 | miscellaneous

一橋ICSが追加募集(若干名)。

世の中は「桜満開」でございますが、Stanford Sloan Programは「桜散る」ということで、GW頃からMBA受験生活を再開しようかと考えていたところ、今秋からの一橋ICSに追加募集があるとのこと。

う~ん、どうしよう・・・と思いつつも、途中まで用意してあった出願書類一式を引っ張り出してきて、Essayの再考などにかかっております。出願料の¥3万も換金せずに郵便為替のまま残っていることだし、出すだけ出す予定です。

しかしながら、我ながらややナゲヤリ???
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-04-08 13:37 | 出願

会計学。

当方、大学での専攻は 「数理統計学」 。まるっきりの純粋理系でして、なぜ広告会社でAE(Account Executive、要は営業担当・・・)を務めてるかわからないのですが、諸般の都合により 「会計学(ようは簿記かな)」 をイロハから独学でやっているところなのですが、案外と面白いものですね。
とある会社の株式を取得した場合、「有価証券」 または 「投資有価証券」 のどっちの勘定科目で計上すべきなのか? 「貸借対照表/損益計算書/利益処分計算書」 って三点セットなのね!・・・たとえ事業計画レベルであっても自分に関係したことだと頭に入るスピードが違います。
まぁ、広告会社勤務で通常のマーケティング提案やってるぶんにはそこまで必要ないのですが、今度のプレゼンの締めは 「当ご提案の施策が、貴社BS・P/Lに与えるインパクト」 ってな感じにしてみましょうかね。

いずれにしてもマーケティングや宣伝の業界知識以上のものが自らに必要と痛感しております。っが、そのための路がMBAか否かは 『?』 ですが。う~ん、でもMBAは獲りたいのが本音。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-03-25 01:15 | 出願

まずは、一敗。

本日、Stanford Sloan Program からの正式回答。もちろん、不合格。定型フォーマットですが、非常に馬鹿丁寧な残念レターが郵送されてきました。
さて、次の出願に着手いたします。狙うは 「HEC(Paris)の2006年1月入学」。TOEFLもGMATもスコアを持ってるので、あとはEssay・・・。今、業務(とも言えない怪しさはあるのですが、まぁ業務の延長線上)で進めている “とあるプロジェクト” が実を結ぶと非常に効果的なのですがね。実はちょっとした “密約” も付随しています。
っというわけで。三連休でこなすべき企画書2本を抱えながらも、本日は自宅にて 『会計学』 の勉強。基本のキからやってます。“とあるプロジェクト” に必要なんです。

あぁぁぁ、海外への路は遠い。

TOEFL受験代
GMAT受験代
TOEFL予備校代
GMAT予備校代
書籍購入費
出願指南予備校代
Essay指南予備校代
海外学校訪問周遊代
・・・・・足上げれば、100万円は超えてます、本当に(まぁ、一般的なMBA受験生の出費レベル?)。ドブ金とは思っておりませんが、なんとか回収したいものです。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-03-19 15:39 | ★Stanford

・・・・・・。

当Blogのタイトル変えました。深い意味はありませんが。
なんちゃって≠本気ではない」 なので誤解なきよう・・・・・。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-03-08 09:42 | 出願

朝のお散歩通勤。

本日は春めいた空気で気持ちがよかった(花粉は大量に舞ってるみたいですが)ので、駅まで徒歩30秒→京急1駅・都営浅草4駅11分→社まで徒歩7分のいつものコースを離脱して、自宅マンション1F裏口から天王洲側へ。目の前の釣り船やと天麩羅屋を通り過ぎ、品川グランドコモンズへ。
b0050672_9265365.jpg

駅から直結する地上2Fの通路はビジネスマンで超混雑ですが、地上の歩道は悠々自適。ただし、品川駅構内へと入っていくと、「オフィス行:駅行=95:5」の大河に逆らうがごとくの人の波。さらに、普段はすきすきの京急・都営浅草に慣れきった私にとっては8:40AMの山手線の混雑はツライ・・・・・。たった6分で浜松町駅へ到着。ここからオフィスへは下町っぽい裏道を歩いて7分程度。SONOKO(懐かしい~)のビルや「トキメキ弁当」という仕出し屋さんとか、「納豆カレー」を掲げる喫茶店に目を奪われながら(目を疑いながら)、グランドオープンまであと2年を要する汐留最後の開発地域「イタリア街」へ到着。
b0050672_9335866.jpg

ここだけみるとなんかいい感じですが、周辺はまだまだ地面を掘り起こしている最中です。なんだかんだと遠回りしてお散歩通勤してみましたが、Door-to-Doorで30分ジャスト、でした。ついでに、デスクを大公開!2週間前に頂戴したお花もまだギリギリ元気です。
b0050672_9362792.jpg

[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-03-08 09:37 | miscellaneous

そろそろ再開。

ここのところ公私に忙しく、出願作業や英語の勉強ができておりませんでしたが、ぼちぼち再開していきます。まだまだ間に合う学校もありますので。

さて、最近読みだした本のご紹介。

Essence of Decision
Explaining the Cuban Missile Crisis

Graham Allison著
b0050672_1195047.jpg
日本語訳でも決定の本質―キューバ・ミサイル危機の分析が1977年に発刊されているのですが、今では入手が困難であるため、原書で読みことと相成りました。が、非常に難しい。Harvard Kennedy SchoolのGraham Allison教授の名著なのですがね。要は国際政治学の意思決定を「1: The Rational Actor」「2: Organizational Behavior」「3: GOvernmental Politics」の3つのモデルで解き明かしていて、それらをキューバ危機にオーバーラップさせながら解説している(ような)のですが、著者は若干23歳で執筆したみたいです。大きめのペーパーバックで400ページ、何日で読み切れるかです。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-02-26 11:06 | 出願

Is MBA the best solution?

とあるプロジェクトにて、人生において成功している方々と話す機会に恵まれた。世界の一線を退いた後に、後進の育成にも心血を注いでいらっしゃる元プロ選手など。プロジェクトそのものとは直接関係ないが、非常に示唆に富んでいる。

「明確な自分のゴールをイメージできていない若者が多すぎる。どんなに恵まれた環境を与えてあげても、自分がどうなりたいか、そしてそのために何をすべきか、が考えられない奴はダメ。人から言われたことをどんなにこなしたところで、ある一定以上の壁は越えられない」

仰るとおり!スポーツ界にかぎらず、ビジネスでも何でも通ずることだと思います。ちょっと趣旨は変わりますが、国見高校サッカー部だってJリーガーやセリエAの選手を育てるんじゃなく「人生において成功できる人間」を育てるっていう小嶺監督の方針。スポーツというひとつのキッカケを通じてそれを掴んでいる人間はビジネスでも強いと思う。「アンチ体育会」って人も多いですが、別に気合と体力だけが取り柄じゃないですからね!

なんてことを考えた先週と先々週でした。(豪華で長時間のディナー会食の連続で、ふだんの不規則かつ粗食に慣れた胃袋はちょっとお疲れ気味。土日で体調整え中です)

おっと、これではタイトルと本文がつながらないのですが・・・。要は、(MBAで得られる)知識はすぐに陳腐化する。それよりも『どう考えるか』の思考法を最も強化してくれる環境がBest Buyじゃないのか?」ということです。無論、MBAで得られる「モノの考え方」や「人脈」というものもあるのですが、かならずしもパーフェクトではないですから。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-02-20 17:44 | miscellaneous

本日は、いざ筑波。

今朝方の茨城県震度5弱の地震でダイヤが大幅に乱れた常磐線に揺られながら、一路、「ひたち野うしく」駅をめざしております車中より。ちょっと風邪気味で明け方は朦朧としていたので、あんまり地震の記憶は残ってないのですが、仕事に影響を及ぼすと閉口してしまいます。
思えば出張が多いので、「地震で石油タンクが炎上する北海道へのフライト」とか、「雪で大分便欠航」とかいろいろと不測の事態はありますが、日本って善後策は良くできてますよね。昔アメリカをシカゴからサンフランシスコまで電車で横断したときは、カリフォルニアの大洪水のせいで12時間も到着が遅れましたが 「だから、それが何?」 ってな感じでしたもんね。こっちは途中のロッキー山脈の山間からヘリ代替輸送して欲しいくらいなのに。「TOKYOじゃ、1分でも到着時間が遅れただけで、山手線は謝罪のアナウンスを入れるぞ!」 と叫びたかった。

さて、今、利根川を越えました。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-02-16 12:56 | miscellaneous

「到着地、新千歳空港の天気は晴れ。気温は・・・

マイナス18度」。というアナウンスとともに始まった三連休ルスツスキー合宿より戻り、些か風邪気味で業務に追われてますが、先日追加のSupplemental MaterialsをFedExでStanfordに送るために丸の内のワールドサービスセンターへ。やっぱりまだまだいるようですね、MBA出願生。私のあとには、5~6通の出願書類セットをFedExしようという若者ビジネスマンが・・・。ちょっと焦りますが、私は私でマイペースで。

最近アップデートしてなかったので、ひさしぶりに何か書かなきゃってことで。

そういえば、ルスツの雪山には 「川越東高校」 の男子生徒500人強が大挙!みんなお揃いの黄色のウェアとパープルの帽子で、10名ずつくらいのグループに分かれていかなる場所にも出没。なかなか圧巻でしたが、彼らの行動に巻き込まれるとゴンドラとかリフトが混むんですよね。本来ならガラガラなのに。飛行機は札幌雪まつり開催の週末ということで、全便満席でした。

ルスツの雪化粧と、ホテル内のメリーゴーランド。韓流ドラマみたい・・・
b0050672_23362622.jpg
b0050672_23363331.jpg

※受験生なのに不埒にもスキーにでかける私・・・会社のスキー部の合宿ってことなので悪しからず。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-02-15 23:36 | 出願

「トンネルを越えると、そこは・・・・・」

・・・・・超大雪、豪雪地帯でした。本日は、新潟出張。市内の足元の悪さを憂いつつ、群馬・新潟の県境を新幹線で越えると、越後湯沢はすっごい大雪の世界でした。
b0050672_1261125.jpg
b0050672_1262453.jpg

いやぁ、すごいですね。5F建てのビルのうえに3m近い雪が積もって6F建てになっちゃってます。新幹線から眺めていても、各建物にうえには人影が多数。皆さん、雪掻きお疲れ様です。高所恐怖症の私には決してできない仕事・・・お気をつけてください。

さて、新潟市内についてみたら全然雪はありません(ほっ)。しかしながら、街中の歩行者信号はこんな感じ!
b0050672_1292975.jpg

これって、「この高さまで雪が積もる」 ってこと???結局、誰にも質問できませんでしたが、2年前に新潟に来たときにその由来を聞いたような。でも、思い出せない。

お昼は、新潟に精通するI氏の紹介で古町の 「とんかつ太郎」 へ(東京でお仕事中なのに、お電話してしまってスミマセンでした)。ちょっと替わった丼モノでしたが、非常に美味でした。お店も12:00前からほぼ満席でしたしね。私が食べたのは 「ヒレカツ丼」。
b0050672_121344.jpg
b0050672_12132035.jpg

夜は古町のこじゃれた小料理屋や割烹が密集する古町のとあるエリアへ。「伊丸」 で海のものをいただきましたが、帰路の新幹線のお供にはやっぱり魚沼産コシヒカリのおにぎり!これまた久しぶりに訪れた「越後屋」にて「しらす」「たらこ」「梅」を買い求め、車内で間食いたのちに、東京までは爆睡。そういえば、伊丸で結構日本酒飲んだしね。

伊丸
b0050672_12155859.jpg


越後屋
b0050672_121977.jpg

[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-02-07 23:59 | miscellaneous

新星現る。

Essay書いたり、学校のこと調べたり、資金的なことを考えたり、修了後のことを考えたり、していると 「正解となる学校」 が唯一ではないことを痛感いたします。さて、その中で何を絶対条件にするかでありますが、私の場合

1) 1年コースであること
2) 人的に交流の場の豊かさ

になりそうです。そのうえでさらに

3) MBAじゃないくても、いいのでは?
(逆説的には、MBAが最適解なの???)

というポイントが浮き上がってきます。1)については給与所得機会とビジネス経験機会の損失を鑑みればそうなります(よって一橋ICSはどうするかまだ宙ぶらりん)。2)は3)とも通ずるのですが、知識よりもモノの考え方や後々のネットワーク(この場合、サラリーマンを続けてることを想定してませんが)。そう、そこで出会った新星は

Harvard
John F. Kennedy School of Government
Master in Public Administration


広告会社のマネジメントや新規事業開拓をビジネス視点で考えるだけでなく、社会におけるインパクトをどう捉えるかを起点として取組んでいく素地を身につける、ってのもありかもと考えております。しかも、1年コースのMid-Careerはまだ出願が間に合う!

ということで、今はKennedyのEssayに着手し始めました。(それにしても、“流されやすく、朝令暮改” な自分に苦笑)
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-02-03 20:17 | 学校選び

本日も大分は、雪。

いやはや寒いです、大分。全国的に寒波なのでしょうが、過日の豪雪青森のほうが遥かに暖かく感じます。まだ時折、(積もりはしないのですが)吹雪が舞い、別府湾はかなりシケってます。
16:40のJAL便ですが、東京からの便が「羽田に引きかえす」条件付でこっちに向かってきてるんで、それが降りてくれないことにはこっちも欠航! っというか、今、空港への高速バスの中ですが雪のためバスの運行に時間を要している模様。通常1時間の道のりですが、まだ降雪が激しかった朝などは3時間もかかったらしい・・・。飛行機の運行状況以前にオンタイムで空港にたどり着けるのか、というリスクも抱えてます。

これ、大分の光景に見えます・・・・・?
b0050672_15281480.jpg

[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-02-01 15:22 | miscellaneous

ついに出ました・・・・・

本日は夕方かた大分出張。JAL最終便にて大分に飛び立つ予定で羽田へは18:00頃到着。フライトまでは55分も余裕があるので、ラウンジで仕事を片付けた後に、同行者と合流。「では、さて中に入りますか」 と言って掲示板を見ると何の予告もないままに 「欠航とさせていただきます」 の文字。えぇ~、大分の天気は雪とはでてたけど、欠航かよ~。
ということで、急遽福岡便への振替を手続きしなんとか九州上陸(福岡までも、天候の都合で2時間半ちかくかかったのですがね)。
そして、今、大分行きの深夜電車 「ドリームにちりん号」 のグリーン車に揺られてます。大分着は深夜1:34。なんと遠い大分でしょう。

現在、2月1日午前2時、大分全日空ホテルにチェックイン。たしかに外は結構な雪が舞っています。明日も福岡経由ってのはご勘弁願いたいところです。願い空しく、明朝一番の大分→羽田はすでに欠航決定ですが・・・。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-31 23:07 | miscellaneous

あぁぁぁぁ(断末魔)、間に合わん。

すでに一橋ICSへの出願締切が16時間後となりましたが、どう考えてもEssay準備が間に合いそうにありません。まだ、推薦状の仕上げ(あくまで推薦者との協業)が終わっておりません。そこで、方針転換のうえで、5 Step。

1) 今、“進化”させている推薦状は、Stanfordへも来月に後送するモノともなるので、この勢いで完成まで突っ走る。

2) 一橋ICSは、ほとんど空席がない(つまり最初からWaiting List扱い)のが前提だけど、2nd Roundで出願。

3) Stanford Sloan単願みたいなようなものだけど、これにて春を待つ。2年間の給料ロスが、Sloanだったら10ヶ月で済むんで、学費はむちゃくちゃ高いけどトータルコストは最も効率的だし。

4) 桜散ったら・・・・・、HEC(Paris)のJanuary 2006入学に出願(あと、ColumbiaのAccelerated 1-year MBA もあるな。激戦区だけど)。

5) それでも駄目なら、3年目突入。GMATの更なるスコアアップから再開しようかな。「趣味、MBA受験3年目」って洒落にはならないけれど(汗)。

はぁ、しんど~い。自分の計画性のなさを呪います。
(子どもの頃は7月中に夏休みの宿題を終わらせてたのにな)
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-28 00:39 | 出願

ぁぁぁあ、良かった…

過日1月5日のTOEFLでそこそこのスコア、っていうかいわゆる最低足切ライン越えのスコアがでた(でそう)だったので、Stanford Sloanに出願し、今週金曜17:00締切の一橋ICSへの出願を進めてるわけですが、正式スコア届きました。
朝4:30まで残業して帰宅してポストに見つけたETSからのスコアレポート。緊張するどころか、「ふん、どうでもいいよ」 ってな感じなんですね、不思議に。
でも大丈夫。目論見は上回ってましたほっ)。「いったい何点なの?」 という声も聞こえそうですが、「おぃおぃ、それでStanfordとかいってんのかよ!」 って受験関係者には言われそうなので非公開。半年後には、過去のTOEFLスコア全貌公開しますから。

あぁ、眠いけど、今から自宅でEssay執筆。フランスの2校への出願は辞めようかな。そういえば本日Darden(Virginia)から 「Online Accountも作成しているし、Interviewも受けてるけど、正式出願はしないの?」 ってな趣旨の連絡が来てました。う~ん、一橋ICSの2年次に交換留学で行きたい学校ですがね。

あぁ、ほんと眠い。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-26 04:56 | GMAT/TOEFL…

豪雪、青森紀行。

1月20~21日 青森出張
月曜・火曜の広島に引き続き、青森へ(Blog自体も旅行日記になりつつあるような気も・・・)。さて、午後、羽田に着いてみると札幌便が欠航になったり、条件(羽田に引き返す可能性あり)付フライトのため搭乗手続きが一旦クローズされたカウンターは大変混雑してました。
b0050672_1245764.jpg

私の青森便も 「降雪のため、三沢空港に着陸するか、羽田に引き返す可能性があります (残念~!)」 ってことに。昨年の羽田発・羽田着フライト、先月の条件付フライトに続いて 「また?」 という感じ。今年は北極海で変にはりだした高気圧のせいで天候不順著しいんですよね。

残念ながら夕暮れの八甲田山を機内から観ることはできなかったですが、なんとか無事青森にはランディング。さて、夜はクライアントの現地N社員に導かれ食事処へ。「ふじや」 ってお店ですが、これまた渋い!
b0050672_1250295.jpg

いろいろと美味しい地のモノを出していただきましたが、今回の最大の収穫は、あの 「大間 本マグロ トロ(背びれ)」。
b0050672_1318373.jpg

『本州最北端の大間では何たってマグロ。昔ながらの一本釣りのクロマグロは、回遊の影響で身が引き締まり、身質や脂のノリもよい。特に年末時期に獲れるものは最高に美味しく日本一といわれている』 っという有名なマグロですから。

さてほろ酔い加減で外に出ると、外は数日前の豪雪の除雪が積み上げられた歩道。ホテルまではなんとか転ばずにたどり着きましたが。う~ん、皮底の革靴できたのは大間違い。深々と寒さが足裏に伝わり、靴もびちょびちょ。

b0050672_12591563.jpg

翌日は、激しく降雪したり・晴れたりの目まぐるしい天候の変化。ホテルから朝見る 「津軽海峡(本当は陸奥湾内)」 もなかなかいいものです。気持ちは 「津軽海~峡、冬景~色・・・」 ってな感じですがね。
b0050672_13182524.jpg

b0050672_1318399.jpg

さて、仕事が終わったら市場へ!城下町であるわけでもなく、青函連絡船の波止場、青森の行商の中心地として昔は栄えたかの地でありますが、どこか数十年の時間差が感じられます。昔の市場はすでになく、綺麗な商業施設の地下に移設されてそりゃぁまぁ快適な環境になってはいますが、昔ながらの商店(含むりんご専門店)や食事処も周辺に点在していて不思議な雰囲気を醸し出している街であります。
b0050672_1319362.jpg

市場の風景①
b0050672_13191267.jpg

市場の風景②

さて市場訪問の目的はたったの2つ。まずは、市場内の 「市場食堂」 てにうにいくら丼(¥2,000)を昼食に。あとはお土産に 「干し貝柱」 を購入。外の雪も激しさを増してきたので、山間部の空港の天候を加味しながら早めに空港へと向かいました。
b0050672_13193069.jpg

空港への30分の道のりは、その足(TAXI)を進める毎に視界の白さが増し、雪深くなっていきましたが、ドライバーのかたの地元話は面白かったです。今度青森にきたら 「津軽三味線」 を聴きながら呑める店にいきたいものです。
東京へのフライトは25分遅れでなんとか出発。それにしても外は激しく雪が舞ってました。総じて一言。「青森は寒かった・・・・・」
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-22 13:16 | miscellaneous

平和への願い。

昨日より広島。今朝は天気も良かったので、仕事前に平和記念公園をお散歩。ここ9年間、何かしらの仕事で年に数回は広島には来てるのですが、ここには足を運ぶことが多いです。

b0050672_12143430.jpg

b0050672_12162952.jpg

b0050672_12171816.jpg
碑石の文字読めます?原爆ドームって、世界遺産だったんですね・・・・・
b0050672_12175458.jpg

[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-18 12:17 | miscellaneous

Stanford Sloan 出願完了。

日本はすでに1月16日(日)13:00ですが、現地・米国西海岸はまだ15日(土)23:00。ってことは、出願締切には間に合ったってことでいいはず(たぶん・・・ってそんなアバウトでいいのかしらん)。しかし、締切1時間前にすべり込むことになろうとは(泣・冷汗)。ただ、Fedexで¥5,600もかけて送った大学の成績証明書はオンラインで追跡してみたら 「Jan 15, 2005: 荷受人不在または休業」 ってなことに。「ふ~ん、出願締切日といえどやっぱり土曜は学校開いてないだ」 とは思いながらも、「だったら何で14日(金)を締切にしないの?」 と疑問に。もっともビジネススクールを志しながら、小学生の夏休みの宿題宜しく直前まであぁだこうだやってるこっちが悪いんですが。

結局、会社からの Financial Sponsorship が貰えていない Self-funded Fellow としての出願なので期待薄ではありますが、出願しなけりゃ合格はありえませんしね(なんだか宝くじみたいな抗弁?)。

さて、次は一橋ICSとHECの出願。こっちは前倒しで片付けたいけど、来週は月~火が広島、木~金が青森(積雪184cmだって!)への出張。雲行きは怪しい、っです。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-16 13:00 | 出願

本日、高松。

年始早々から出張しています。先週の福岡(薬院の「久米」の料理には超感激・・・)に引き続き、昨夜から高松に来ております。昨夜、羽田を飛び立つ際の東京の夜景は、空気が澄んでいるせいか非常に綺麗でありました。アメリカのオレンジ色のライトの夜景も綺麗なのですが、日本の白色系の夜景もなかなかです。海岸線と海の境がくっきりと際立ってました。

さて、2年ぶりの高松。駅前の再開発は急ピッチにすすめられており、クラインとのオフィスもそこに移っておりました。ということで、支社長室からの眺めで 「鬼が島」 を撮影。

Photo: これがあの、鬼が島(女木島
b0050672_1482690.jpg

昼食は前の晩の 「鶴丸・カレーうどん (超有名みたいですが、本当に美味しいです。すごいシッカリしたカレーです)」 の余韻を残しながらも、クライアントの方に連れられて港のうどん屋へ。TVチャンピオンの讃岐代表にもなったことのある有名店(?)。市内だけでも900件近いうどん屋がある高松ですから、どこが一番なんてのもないんでしょうがね。

Photo: セルフだからって馬鹿にはできない「たも屋」
b0050672_1412213.jpg

Photo: 釜揚げ(大)と天ぷら
b0050672_14121692.jpg

さて、夜は東京や横浜にも出店している 「一鶴」 へ。ひな鳥、おいしゅうございました。まぁ、それ以外に食べるものがないので3人で12,000円のお会計ながら、うち6,500円はビール代、という夕食と相成りました。

Photo: ぱりぱりでジューシーな一鶴「ひなどり」
b0050672_1420227.jpg

以上、2泊3日の高松出張。早朝便で帰京し、そのまま渋谷で打合せへ・・・・・・。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-13 08:59 | miscellaneous

Essayと推薦状

今週は1月15日出願締切の 「The Stanford Sloan Program 2005-2006 Graduate School of Business」 のEsssayと推薦状の準備、そして最終出願の準備にかかりっきりとなります。
すべての出願書類の提出がOnlineで可能なため、Fedexを使う必要もなく、ギリギリまでかかれるのが救いですが、一週間前になって急遽推薦状をお願いさせていただいた社長はじめ上司3名の皆様には大変すまなく思っております。ちなみに私が取組んでいるEssayは以下の3問。

1. What educational and personal objectives do you hope to satisfy through the Sloan Program and what type and level of work do you expect to be engaged in five years from now?

2. Describe your current duties and responsibilities, including references to the total number of people you supervise and/or the amount of assets you manage, and what you consider to be your major accomplishments.

3. What matters most to you and why?

“Stanford名物”の 「What matters most to you and why?」 がSloanのEssayにも今年から登場いたしました。さて、これらをクリアしたら、来週からの2週間は、一橋ICSの出願準備に忙殺されることになります。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-09 11:54 | 出願

もしかして!!!!!

昨夜、GMATのスコアレポートを以下の学校に送るように手配いたしました(mba.comのオンライン経由)。一通あたり $28 もかかるんで、TOEFL じゃなくって TOEIC で出願できるフランス2校と、プラスα(なんていったら失礼にあたりますが・・・)の2校。

HEC (Paris, France)
E.M. Lyon (Lyon, France)
Hitotsubashi ICS (Tokyo, Japan)
Stanford Sloan (CA, USA)

そして迎えた本日は最期のTOEFL受験。年末年始は、まぁお気楽に軽~く(?)勉強してただけで、今日も 「まぁ、TOEICの点数で出願できる学校でいいや」 と思ってたのでお気楽受験でサクサク回答してたのですが・・・・・

なぜか過去最高点!

あれれれれぇ~。たぶんTOEFLもスコアも必要十分なスコアに達しそうです(過去のTWE(Essay)のスコアに準じてればですが)。急遽、出願可能な学校が広がってしまって(しまいそうで)、うれしい悲鳴。

人生、こんなもん

ですね(本日の正式スコアが届く1ヵ月後にどうなってるのかは不安・・・ふぅ~)。とにかく、やっとGMATとTOEFLの呪縛から逃れられた(気がする)一日と相成りました。明日は福岡の薬院の小料理屋で祝杯でもあげたいと思います(仕事での出張だけど)。

一橋と Stanford はもちろんのこと、Dartmouth (Tuck) と Virginia (Darden) のEssay準備も本日より再開いたします。
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-05 17:58 | GMAT/TOEFL…

新年明けましておめでとうございます。

I wish you a happy new year 2005.

I hope I can start my studying abroad this year.
[PR]

# by ysuzuki42 | 2005-01-01 13:12 | miscellaneous

Decision Making

さて本年も最終日となりました。年明け1月5日には最後のTOEFL受験、1月中旬からは各校の応募締切が怒涛のように押し寄せてきます。今のところは・・・・・

1) 一橋ICS (Tokyo, Japan)
2) HEC (Paris, France)
3) E.M. Lyon (Lyon, France)

への出願を予定しておりますが、まだまだ Stanford Sloan Program も捨てがたく悩ましいところ(いろいろとお世話になっている方も多いので、出願を取止めた時点でご挨拶せねば)。

「何ゆえフランスの2校が残ってるの?」とのお声もあるかと思いますが、異文化経験というファクターで診た場合、言葉も慣習も少しは親しんだことのある米国(日本は言わずもがな)よりはフランスという “とんでもなく異人な国” もChallengableで良いかと・・・・・。

それでは皆様、Have A Happy New Year 2005!
[PR]

# by ysuzuki42 | 2004-12-31 18:26 | 出願